itスクールを利用してプログラミング未経験から転職する方法を解説

itスクールを利用して未経験から転職しよう

ITエンジニアに転職

転職目的でプログラミングスクールに入るなら言語はPHPかJavaにすべき

更新日:

転職目的でプログラミングスクールに入るなら言語はPHPかJavaにすべき

こんにちは、プログラミングスクール講師の斉藤です。

プログラミングスクールには

・Webデザイン(フロントエンド)

・Webプログラミング(バックエンド)

・スマホアプリ開発

・AI(機械学習)

など、多くのコースが用意されており、コースによって使用するプログラミング言語も様々です。

ただ、プログラマーとして転職するのが目的であれば、学ぶプログラミング言語はPHPJavaにすべきです。

転職目的でプログラミングスクールに入るなら言語はPHPかJavaにすべき理由

ここではその理由を順番に解説していきます。

理由1ー需要が多い

今でも企業の開発案件はWeb系が多いです。

なので、それだけ開発者も必要とされています。

基礎さえわかっている人であれば、少し教えれば企業でも即戦力になりますので、未経験でも転職できるチャンスは多いです。

また、Web系開発で使用さるプログラミング言語はPHPかJavaであることがほとんどです。

Webプログラミングではフレームワークが利用されますので、その使い方も事前に学んでおくと、転職活動のときにアピールできます。

理由2ー初心者でも学びやすい

PHPやJavaといったWeb系のプログラミングはそれほど難易度は高くありません。

基本はHTTPリクエストを受けて、サーバーで処理して、HTTPレスポンスを返すという一連の流れの繰り返しだからです。

企業の開発案件はほとんどが、すでに稼働しているシステムに対する機能追加や修正です。

プログラミングコードの意味さえわかれば、そのシステム内にすでにあるソースコードを流用しながら実装を進めることができます。

理由3ー情報量が多い

PHPやJavaは初めてプログラミングを学ぶ人が選ぶことが多いです。

書籍が多いのはもちろんですが、ネットで情報を探す際もPHPやJavaであれば情報量が多いので、目的とする情報を得やすいです。

業務で行うプログラミングでは、「仕様と納期を満たす」のが絶対です。

エラーで困った時などにネットで情報が得やすいのは結構助かります。

 

転職目的なら避けた方が良いプログラミング言語

逆に転職目的なら避けた方が良いプログラミング言語も紹介して起きましょう。

WordPress

WordPressは正確にはプログラミング言語ではありませんが、プログラミングスクールには「WordPressコース」といったものを用意しているところもあります。

WordPressのテンプレートを学べばHTML、CSS、PHPの基礎は身につくと思いますが、転職時のアピールとしてはあまり評価されないでしょう。

スマホアプリ(Android、iPhone)

スマホアプリ開発はプログラミングの内容自体がWeb系とは大きく異なります。

スマホのOSの知識から必要となってきますので、初めてプログラミングを学ぶには少し敷居が高くなります。

また、企業からの需要もWeb系ほど多くはありません。

Python

PythonはAIの発展もあって需要が増えてきているプログラミング言語です。

ただ、AIの開発をするにはプログラミング以前に数学の知識も必要になります。

今後を見越してチャレンジするのもありですが、最初はWeb系が無難かなというのが私の意見です。

ExcelVBA、Access

ExcelVBAやAccessは、企業が開発案件として取り組むことはほとんど無いです。

むしろ一般企業がルーチンワークを効率化したい時に用いられることがほとんどですので、個人レベルの規模ですね。

ソフトウェア以外の仕事をしている人が習得すると重宝されます。

 

まとめ

まとめ

転職目的でプログラミングスクールに入るなら言語はPHPかJavaを選びましょう。

また、ソースコードのバージョン管理で有名GitHubも合わせて学んでおくとなお良いです。

 

おすすめ記事

-ITエンジニアに転職

Copyright© itスクールを利用して未経験から転職しよう , 2020 All Rights Reserved.