itスクールを利用してプログラミング未経験から転職する方法を解説

itスクールを利用して未経験から転職しよう

ITエンジニアに転職

プログラミングスクール卒業後に副業する方法

更新日:

プログラミングスクールを卒業後に副業する方法を考えてみた

こんにちは、プログラミングスクール講師の斉藤です。

プログラミングスクールを受講する動機で「プログラミングの技術を身につけて副業したい」という方もそこそこおられます。

ただ、現実問題として実務経験無しの状況から開発の仕事を請けるのは簡単ではありません

ですので、ここでは実現できそうなレベルで副業する方法について考えてみたいと思います。

プログラミングを副業にする前提条件

副業の前提条件はプログラミングスクール卒業時点を想定します。

分野はWeb系とします。

その時点で持っているであろうスキルセットは以下の通り。

・HTML

・CSS

・PHP

・MySQL(データベース)

上記ができるのであれば、ワードプレスのカスタマイズくらいはできます。

つまり、簡単なホームページ制作や改修案件が狙い目となります。

 

自分のサイトで情報発信

まず必ずやった方がいいのが自分のサイトを持つということです。

誰かから仕事をもらうつもりであれば、自分という存在を知ってもらわないと始まりません。

サイトを作成して、自分ができることや成果物、実績を公開しましょう。

 

私自身も自分ができることを中心に情報発信しています。

https://promidea.co.jp/

 

知人のサイト作成を請け負って実績作り

もし仕事を探すつもりであれば、近くの友人、知人で困っている人がいないかを探します。

例えば、田舎の美容室などは店のホームページが無いところが多かったりします。

IT関係に疎いところのコミュニティに所属すれば、少しプログラムを知っているだけでも重宝されます。

初めは実績も無いでしょうから、タダ同然でも良いので、知人を頼って実績作りをするのはおすすめです。

制作例の紹介

以前、友人の床屋のホームページを制作しました。

このくらいのレベルであっても、ホームページを持っていなかったお店は喜んでくれるものです。

 

クラウドソーシングの活用

副業したい方なら一度は聞いたことがあると思われるクラウドソーシングも利用できます。

IT系なら下記の大手2サイトだけチェックすればOKです。

クラウドソーシングは案件の単価が安いので、本当に高スキルの人はやりません。

ですので、プログラミングスクール卒業したくらいのスキルであっても受注できる案件はあります。

おすすめの案件

おすすめの案件としては、すでにできているシステムやWebサイトの改修です。

そのような案件であれば、すでに書かれているコードを利用して見よう見まねでも何とかこなせるはずだからです。

反対に新規制作案件は避けた方が良いでしょう。難易度がグッと上がります。

 

アフィリエイト

アフィリエイトはインターネットを使った副業の代表格です。

すぐには収益は出せませんが、1年も継続すればやり方もわかってきますし、そこそこの稼ぎにはなってきます。

作業は積み上げ式なので、やればやるほど青天井で収益が期待できます。

金銭的リスクもほぼ無いので、副業という観点で言えば一番のオススメです。

 

まとめ

まとめ

どんなビジネスでもそうですが、いきなり稼げるようになるのは難しいです。

ただ、ITのスキルを駆使すれば、自分の力で稼ぎを生み出すことはそれほど難しくありません。

今回ご紹介した方法をぜひ参考にしてみてください。

 

おすすめ記事

-ITエンジニアに転職

Copyright© itスクールを利用して未経験から転職しよう , 2020 All Rights Reserved.